仕事内容business

geological survey地質調査とは?

地質調査とは、地震、火山災害や土砂・岩盤の崩落事故、地すべり等が起きうることを想定し、このような状況の中で、豊かで安全な国土のマネジメントのために調査を行う仕事です。

たとえばビルを建てたり、道路や橋などをつくる場合には、その構造物が壊れたり、沈下して傾いたりしないよう地盤を十分に調べることが必要となります。特に狭い日本では地盤の軟弱なところや山地、傾斜地などに構造物をつくらざるを得ない場合が多く、地震や風雨の災害の多さも目立ちますので、地質調査は非常に重要なものとなります。

地質調査は一握りの土の分析から、地球内部を推定するようなものまで、調査対象は様々ですし、調査の方法も多種多様です。最も一般的な調査がボーリング調査です。

boring surveyボーリング調査

ボーリング調査とは、穴を掘って地盤の状況や地層境界の深度などを調べるものです。建物下の地盤状況を調べる場合や、杭を打つ場合にどれくらいの深度まで根入れが必要なのかを調べることができます。地盤が軟弱だと建物が傾き、窓やドアが開きづらくなったり基礎や外壁にひびが入ったりします。さらに、すきま風や傾きが生じることで、場合によっては体調不良に陥ることもあります。

マンションなどの大きい建物の重さは、表層の地盤が支えることができる重さよりも大きいことが多く、杭などを強度のある地盤まで打ち、建物荷重を伝達する必要があります。このように皆様の安全を守るためにも地質調査はとても大事な仕事です。

flow調査の流れ

step01

掘る

ボーリング調査で、実際に地盤を掘り地中の情報をダイレクトに入手します。土質試料や岩盤のコアとして観察する他、それを用いて土質試験や岩石試験を行うことができます。

step02

測る

各種の計測機器を用いて、地盤の物理的・力学的な性質を測ります。原位置試験では、ボーリング孔を利用した試験・計測、サウンディング、その他の試験・計測があり、調査目的により適宜組み合わせて実施します。

step03

報らせる

解析・判定等の業務が終了したら的確に、分かり易く報告書を作成します。